「MAN」の歌詞 KAN

1996/5/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
MAN おとこはやさしくおんなにやさしく
つねにいるべきだとかんがえている
誕生日たんじょうびにははなかなしみにはうた
なにもないときでもあいおくってる

ねがいならかなえるさできるだけきみのぞよう
たとえばあたらしいうつくしい世界せかいきみつけたとき
そのドアをけてあげるのはぼくの役目やくめだとおも

でもきみがもしきみ最後さいご日本にっぽん決断けつだん
そんなぼくにさよならうことをしずかにめるときだって
だまってドアをけて見送みおくるのかとえばそれはちが
矛盾むじゅんしているけど

MAN おとこはきびしく自分じぶんにきびしく
つねにあるべきだとかんがえている
MAN おとこだれにもどんなひとにでも
まもるべきものがふた以上いじょうある

きあってむきあっていつだって綺麗事きれいごとったって
まぐれもなく人間にんげん順番じゅんばんをなぜかつけたがってる
かなしいかないま一番いちばん大切たいせつなのは自分自身じぶんじしん

でもいつかそんなかべにぶつかって往生おうじょうしてる
こんなぼくを背中せなかからつめてるきみをみつけたとき
自分じぶん犠牲ぎせいにしてもきみまもりぬきたいとおも

いつのいつわりなくれる
勇気ゆうきてたとき I'll be a man

おとこはこうしてばかばかしいくらいに
いつも責任せきにんをとりたがるちいさな生物せいぶつ