1. クローン歌詞

「クローン」の歌詞 KANA-BOON

2013/4/24 リリース
作詞
谷口 鮪
作曲
谷口 鮪
文字サイズ
よみがな
hidden
あっというにもうそと世界せかいあさになっていた
あっというにもう扇風機せんぷうき季節きせつわっていた
あっというにもう近所きんじょ少女しょうじょ大人おとなになって
はっとしているすき自分自身じぶんじしんがわからなくなった

あっという想像そうぞう世界せかいではぼくはスターになってるよ
あっという妄想もうそう世界せかいではきみれているはずなのに
はっとしているすき感覚かんかくがなくなってしまうよ
あっというにクローン
だんだんだんだんおかしくなっていく

「タッチした感覚かんかく、クローン」

あっという轟音ごうおんのステージでギャンギャンさわいでいるのさ
あっという6畳一間ろくじょうひとま部屋へや一人嘆ひとりなげいているのさ
はっとしているすきにきっとぼくらはわっている
あっというにそう、もう一人ひとり自分じぶんとバトンタッチしている

タッチした感覚かんかく、クローン
タッチした感覚かんかく、スローモーション

「タッチした感覚かんかく、クローン」