「レピドシレン」の歌詞 KANA-BOON

2014/5/21 リリース
作詞
谷口鮪
作曲
谷口鮪
文字サイズ
よみがな
hidden
りないのは五感ごかん
からになってんでしまうのなら
かえすだけ不毛ふもう
輪廻りんねだってきっと画蛇添足がだてんそく

うしなった想像力そうぞうりょくだって
いててるほど個々ここにあったんだ
息吐いきはいて、息絶いきたえて
呼吸こきゅうだってってったってさ

障害しょうがいもない、いたみもない
代償だいしょうもない、体温たいおんもない

ねつねつびてびてびて
ねつねついて上昇じょうしょういき
ねつねつびてびてびて
ねつねつ機械脳きかいのうはな

かたまった水底すいていつち
まってんでしまうのなら
かえすだけ不毛ふもう
まえなんて到底とうてい陶犬瓦鶏とうけんがけい

まるのはごめんだ
なみって って がるさ
かおしたら呼吸こきゅう世界せかいになっているから

ねつねつびてびてびて
ねつねついて上昇じょうしょういき
ねつねつびてびてびて
ねつねつえるようにはな

ねつねつびてびてびて
ねつねついて上昇じょうしょういき
ねつねつびてびてびて
ねつねつうれはな