「東京」の歌詞 KANA-BOON

2013/10/30 リリース
作詞
谷口鮪
作曲
谷口鮪
文字サイズ
よみがな
hidden
二人ふたりあるいたあのみち
ならんであるいたこのみち
いまではすっかりビルが
どっかの未来みらい世界せかいみたいです

二人ふたりすわったあのせき
二人ふたりかよった駄菓子屋だがしや
いまではすっかり色褪いろあせて
むかしっちゃな TVテレビ みたいです

どうか、どうか、このまちだけはわらないで
でもね、でもね、だんだんいろくなってく
そうだ、そうだ、今更僕いまさらぼく気付きづいたんだ
きみが、いなく、なったからはじまったんだ

きみのスカートのなかぼくのスタートラインさ
日々ひびのスピードのなか全部忘ぜんぶわすれてしまうのかな
ぼくのスピードはまだきみいつけないみたいだ
もうすこってて、あとすこってて

あれからしばらくつけれど
どうにかこうにかきています
毎日毎日まいにちまいにち、ネクタイで
くびまってにそうです

アリのみたいなこのまち
偶然ぐうぜんバッタリうことを
ねがってねがってねがってねがって
そうです、ボクはバカなんです

きみのスカートのなかぼくのスタートラインさ
日々ひびのスピードのなか全部忘ぜんぶわすれてしまうのかな
ぼくのスピードはまだきみいつけないみたいだ
もうすこってて、あとすこし、あとすこ

東京とうきょうほしいけれど不思議ふしぎまちあかるくて
東京とうきょうきみはいるはずなのに
姿すがたはどこにも見当みあたらなくて
このまちきみ確率かくりつ
商店街しょうてんがい福引ふくびきよりも
10円じゅうえんガムのたりよりも
たからくじの3億さんおくより、ひく

東京とうきょうまち間違まちがさが
きみつければぼく
ずっとずっとつづいてる
ぼくきみのかくれんぼ