「卒業白書」の歌詞 KANIKAPILA

2015/2/25 リリース
作詞
藤井フミヤ
作曲
藤井尚之,木村篤史
文字サイズ
よみがな
hidden
ありがとう そらかってってみたよ
ありがとう 本当ほんとうきみいたかったよ
ありがとう れくさい言葉ことばすぎるよ
そよぐかぜばして なみだ かくすよ

いわゆる 片想かたおもいってやつで
なにげに 友達ともだちみたいで
えなくてせつなくて
自分じぶんではどうしょうもなくて

どうしてかな なんでなのかな いつも見守みまもっていたかな
放課後ほうかごかな 教室きょうしつかな ひとりでいていたかな
日曜にちようかな デートなのかな たのしそうにあるいていたかな
別々べつべつはるるね 卒業そつぎょうかな

ごめんね くなんておもわなかったよ
ごめんね そんなつもりじゃなかったよ
ごめんね 指切ゆびきりしてつぶやいたよ
制服せいふくのポケットにしまっておいてよ

毎日まいにち きみことでいっぱいで
勝手かってに おせっかいなやつで
わらこえ まぶしくて
青春せいしゅんけてった

あのときかな 突然とつぜんかな きみきになったのかな
かえみちかな いたかったかな むねのずっとおくだったかな
はじめてかな わすれないかな すこ大人おとなになれたかな
別々べつべつはるるね 卒業そつぎょうかな

とおくなる 背中せなかつめていた
もう一度いちど こっちをいてよ
大声おおごえさけんでた 何度なんどもフルネーム
笑顔えがおなみだ ぐちゃぐちゃになった

どうしてかな なんでなのかな いつも見守みまもっていたかな
放課後ほうかごかな 教室きょうしつかな ひとりでいていたかな
日曜にちようかな デートなのかな たのしそうにあるいていたかな
別々べつべつはるるね 卒業そつぎょうかな