「BLUE TUESDAY」の歌詞 KAT-TUN

2006/3/22 リリース
作詞
久保田洋司
作曲
谷本新
文字サイズ
よみがな
hidden
火曜日かようびいま時間じかん
いつものきみ電話でんわってしまう また

一時間いちじかん 二時間にじかん ぎて
あと5分待ごふんまってみようと まだおもっているよ

さよならしたら わないし 電話でんわもしない
本当ほんとうだったんだね

最後さいごよるの ぬくもりがいま
まるできみのように 一歩いっぽずつとおざかる
あんなにわらい あんなにいて
さびしがってばかりの きみはもういないんだ
あのまちも あのうみも あの夜空よぞら
えてしまう

週末しゅうまつ約束やくそく
スタジアムにはふたつの 空席くうせきがあるだろう

おもなに出来できない
未来みらいかなしむことは もうよそうとおも

さよならだけが 永遠えいえんにつなぐ二人ふたり
わすれてしまっても

その横顔よこがお大人おとなびたとき
理由りゆうもわからない せつなさに戸惑とまどった
最後さいごよるきみこえ
いまここにいるように たしかにこえるのに
あのかぜも あのあめも あの三日月みかづき
えてしまう

たこともない日々ひびあるしてる
二人ふたりがいる世界せかい

最後さいごよるの ぬくもりがいま
まるできみのように 一歩いっぽずつとおざかる
あんなにわらい あんなにいて
さびしがってばかりの きみはもういないんだ
あのまちも あのうみも あの夜空よぞら
えてしまう