「走れ」の歌詞 KEI,GUMI

2012/9/5 リリース
作詞
ハヤシケイ
作曲
ハヤシケイ
文字サイズ
よみがな
hidden
気付きづいたときにはもうあたえられていたゼッケンナンバー
参加さんかしますなんて一言ひとことでもったおぼえはない

気付きづいたときにはもうらされていたスターターピストル
最終さいしゅうゴールさえらされないまんました

いきらしていかけてつまずいて 見失みうしなってここはどこ
おなじような風景ふうけいばっか それでもしてく一歩いっぽ

実況じっきょう解説かいせつ観客かんきゃくない だれめてくれやしない
先頭せんとうはし背中せなかはいつだってとどかない とどかない
背負せおったハンデがまるで不条理ふじょうりでも途中棄権とちゅうきけんゆるされない
こんなインチキばかりのレースでも
はしつづけることしかできない

理想的りそうてきなシナリオによればやくなんだって
かってるけどそんなもんみとめるはずもないだろ

無我夢中むがむちゅうになればなるほどえてく見落みおとしてきた給水所きゅうすいじょ
あせなみだなくなって それでもしてく一歩いっぽ

声援せいえんげき悪口わるぐちこえない だれぼくてやしない
後方こうほうせまかげおびえていつもまどまど
辿たどったコースはがりくねりながらのぞんだものとちがってく
こんなインチキばかりのレースでも
はしつづけることしかできない

がったいきったくつ
何度なんどあしめたくもなるけど
孤独こどくよる永訣えいけつあさ
つないできたのはぼくだってほこれるように

実況じっきょう解説かいせつ観客かんきゃくない だれめてくれやしない
先頭せんとうはし背中せなかはいつだってとどかない とどかない
背負せおったハンデがまるで不条理ふじょうりでも途中棄権とちゅうきけんゆるされない
こんなインチキばかりのレースだって
まだわらせやしない