「凍える身体」の歌詞 KEMURI

2004/9/22 リリース
作詞
伊藤ふみお
作曲
津田紀昭
文字サイズ
よみがな
hidden
さぁ 今日きょうきる
しかるべきいますすみ!
あたえられたときなかを…

なみだあせ
ほこりもひろがるそら
つついますすむ!

現実げんじつゆめ
おもいま
みちばたのはな

さてなにをすれば
さて何処どこればいい
わからないときもあるさ

そうわるくないさ(Wow Wow)
れぬきりないさ(Wow Wow)
そらかい言葉遠ことばとおばせ(記憶きおくよりとおく!)

刹那燃せつなもやし はし裸足はだしくつなどてて
ぶったすべて まとわりつくすべて ためらいてて
ときながれよ…

地球ちきゅうらせ ひびれるほど
つめたいあめこごえる身体からだ

やっとがって(Wow Wow)
またたおれること(Wow Wow)
おそれるのはもうひどきた

ただ 今日きょうもうたう
すすみながらうたう
ひるまずに大声おおごえしぼりだして

ひらなおあばおれよ ぬかるむみち
たたこわすべちはだかるすべいまはひたすら
まだ明日あした

地球ちきゅうらせ ひびれるほど
孤独こどくあめこごえる身体からだ

地球ちきゅうらせ がるほど
雨上あめあがりにかがやにじ