1. Surfer歌詞

「Surfer」の歌詞 KEMURI

2013/6/5 リリース
作詞
伊藤ふみお
作曲
田中'T'幸彦
文字サイズ
よみがな
hidden
He was tired of all the doubt
The childish doubt aimed right at him
Disgusted by the lies
The bouncing lies surrounded him

In the big waves he was safe
He kept on surfing all alone
Looking for the bigger waves as if
He could hide behind the waves!

The things that he's been struggling for...
Should mean something to all of us!
Accepting every little anger inside and outside!

The man's surfing to forgive! The man's surfing to believe!
He's very angry! He's very hungry!

The man is surfing just to prove!
The man is surfing for the truth!
He's very angry! He's very hungry!

So lonely everywhere!

Those who made things in his life sound so cheesy and so cheap
Took his energy away... Took his energy away!
At the least he had her love...
The ocean that he loved the most...
He knew what to love and care...
He knew what to shun and hate!

He was breaking down and trying to get over it
Just like getting over the waves!
Accepting every little anger inside and outside!

The man's surfing to forgive! The man's surfing to believe!
He's very angry! He's very hungry!

The man is surfing just to prove! The man is surfing for the truth!
He's very angry! He's very hungry!

The man suffers and he fights!
Good man? No! He's a strange man!
He's very angry! He's very hungry!

The man provides and then he takes!
Bad man? No! Just a living man!
He's very angry! He's very hungry!

So lonely in everywhere!

あいつは疑念に疲弊していたんだ...
あいつに照準を合わせてきたガキっぽい疑念にね...
嘘にもうんざりしていた... あいつを取り囲んでいた大嘘にもね...

大きな波の中 あいつは安心感を得た
だから まるで波の後ろに隠れるかのように
たった独りでサーフィンを続けたんだ...
より大きな波を追い求めていった...

あいつがもがき苦しんでいる物事は
俺達全員にとって、何かを意味しなければならないんだ...
内側にも外側にも芽生えた...
ありとあらゆる小さな恐れを受入れるって事も含めて...

その男は波乗りをし、そして許すんだ...
その男は波乗りをし、そして信じる...
あいつは凄く怒っているよ! あいつは凄く飢えてんだよ!

その男は波乗りを、そして証明する...
その男は真実を求めて波乗りをするんだ!
あいつは凄く怒っているよ! あいつは凄く飢えているんだ!

至る所で、とても孤独なのさ...!

ある種の奴らがさ... あいつの人生にとって大切な物事を
すごく安っぽく下等な響きのする何かに変えてしまったんだ...
それは本当に、あいつからエネルギーを奪い去った...

それでもあいつは彼女の愛に包まれていた...
あいつが一番愛した海の愛をね...

あいつは見失わなかったよ... 何を愛し、大切にするべきかを...
そして何を無視し、何を忌み嫌うべきかをね...

あいつは壊れかけていた...
そして 波の上をいくように それを乗り越えようとしていた...
内側にも外側にも芽生えた ありとあらゆる怒りを受止めながら!

その男は波乗りをし、そして許すんだ...
その男は波乗りをし、そして信じる...
あいつは凄く怒っているよ! あいつは凄く飢えてんだよ!

その男は波乗りを、そして証明する...
その男は真実を求めて波乗りをするんだ!
あいつは凄く怒っているよ! あいつは凄く飢えているんだ!

その男は苦しみ、そして戦うんだ! 良い奴かって...?
とんでもない! ただの変人だよ!

その男は与え、そして奪うんだ! 悪いやつかって...?
とんでもないね! ただ生きようとしている人間だよ!

あいつは凄く怒っているよ! あいつは凄く飢えているんだ!
至る所で、とても孤独なのさ...!