「Unexpected Thunder」の歌詞 KEMURI

2013/6/5 リリース
作詞
伊藤ふみお
作曲
津田紀昭
文字サイズ
よみがな
hidden
Step by step to the promised land through the scream of angry dead...
I stopped coughing and I look to the sky...

Nothing sounding in my brain...
Seems like something stopped the rain...
I won't be waiting for the rainbows to shine...

I will never stop the steps till I meet you!
Only one in seven billion in this world!

The sound of a local marching band echoes in my heavy heart...
I started walking and I spit to the ground...

Future, present, or the past! I'll go anywhere to look for you...
As I try to find myself in your heart...

Can we still share a same good old dream?
I miss you and I miss your smile, your laughter!
No matter how tough it is!

Keep on walking!
Let's keep on walking even if we're so far apart!
Keep on walking!
I'll send all my loving!
Time will tell what's right and wrong!
Unexpected thunder roars in sky!

Keep on walking!
Let's keep on walking even if we're so far apart!
Keep on walking!
I'll send all my loving!
Time will tell what's right and wrong...
Unexpected thunder roars!

Keep on walking!
Let's keep on walking even if the road is long and winding!
Keep on walking!
I'll give you all my loving when the roads cross and we hear...
Unexpected thunder roars in the sky!

怒れる死者の叫びが響く中… 希望の土地へ一歩ずつ近づいていく…
もう咳は止まった… 俺は空を見渡す…

何にも音が鳴っていない頭の中…
どうやら何かが雨を止ませたみたいだ…
今は 虹が輝くのを待っているつもりはないんだ…

俺はお前に出会うまで絶対に歩みを止めない!
この世界に存在する70億人のうち たった一人だけのお前に!

地元のマーチングバンドが奏でる音が
俺のしょぼくれた心に鳴り響く
また咳が出始めた… 俺は地面に唾を吐く

過去の中へ、または、現在へ、あるいは、未来へと向かって
俺は何処へでもお前の姿を探し求め行くんだ…
まるでお前の心の中に自分を捜し求めるかのようにね…

まだ同じ旧き良き夢をシェアすることが出来るのかな?
凄くお前に会いたい… お前の微笑み、そして笑い声が恋しいよ!
物事がどれだけタフであったとしても…

歩き続けよう!
俺達がどんなに遠く離ればなれになったとしても…
歩き続けて行こう!
歩き続けよう!
俺はありったけの愛を贈る!
時間(とき)は
何が正しく、何が間違っているかを教えてくれるだろう…
予期せぬ雷が大空で轟きわたる!

歩き続けよう!
俺達がどんなに遠く離ればなれになったとしても…
歩き続けて行こう!
歩き続けよう!
俺はありったけの愛を贈る!
時間(とき)は
何が正しく、何が間違っているかを教えてくれるだろう…
予期せぬ雷が大空で吼える!

歩き続けよう!
俺達の進む道がどんなに長く曲がりくねっていたとしても…
歩き続けて行こう!
歩き続けよう!
俺達の道が交じり合い、大空で轟きわたる予期せぬ雷を耳にする時
俺はありったけの愛をお前にあげたいんだ!