1. one drop歌詞

「one drop」の歌詞 KEMURI

2013/6/5 リリース
作詞
伊藤ふみお
作曲
田中'T'幸彦
文字サイズ
よみがな
hidden
What's going on? What's going wrong?
One drop of tear falls to the ground...
Then a prayer and a pledge
Falling on my own heart's heart...

When the past meant more than the present,
My life was kind of monochrome... I felt empty...
I felt like something made my heart into a cold stone!

Wow! Wow! Wow!
Somehow I couldn't do anything to make...
Make a change in my life in a very strange mood... I say...

What's going on? What's going wrong?
Every little thing is so far way...
What I see is what I am!
How I feel is how I've learned!

What's going on? What's going wrong?
So far away... So far away...
The frozen dream in my own heart's heart
The only friend of mine... friend of mine...

A tiny bud was coming out from the ground where
I was standing and stamping my feet...
A tiny, weak, crying... red bud... something I've never seen...

Wow! Wow! Wow!
Stumbling down and I saw a tiny bud...
Crying out for a life all alone in a world I was leaving...

What's going on? What's going wrong?
Are you doing your best? Do you really want this?
A tiny red bud's asking me...
A tiny red bud's asking me...

What's going on? What's going wrong?
Just come closer! Come closer!
The frozen dream in my own heart
Now started to cry out for its own life!

What's going on? What's going wrong?
One drop of tear falls to the ground...
Then a prayer and a pledge
Now growing in my heart...

What's going on? What's going wrong?
One drop of tear lands on the ground...
Gives a life to a tiny red bud, to a frozen dream
And a stumbling man...

何が起こっているんだ? 何がおかしいんだ?
一粒の涙が地面に滑り落ち...
そして祈りと誓いが 俺の本当の心にポトリと落ちる...

過去が現在よりも意味深かった時期は
人生がモノクロームで... とても空虚な気分でいた...
得体の知れない何かが
俺の心を冷えきった石に変えてしまったような気持ちだった...

Wow! どういう訳なんだか 何も出来なかった...
とてもおかしな雰囲気の中にいて
何かを変えることなんて出来なかった...

だから言ってみたんだ...

何が起こっているんだ? 何がうまくいかなくなっているんだ?
全てがとても遠くにあるぞ! ってね...
俺が見るものは、そのまま俺自身... そのまま俺自身なんだ!
そして 俺がどう感じるかは 俺がどう学んできたかなんだ!

何が起こっているんだ? 何がおかしいんだ?
すべてがとても遠い... とても遠いんだ...
俺の本当の心の中にいる凍りついた夢だけが
俺のたった一人の友達だった...
たった一人の友達だったんだ...

小さな芽が地面から顔を出していた
俺が立っていた地面... 俺が地団駄を踏んでいた地面から...
見た事もないくらい小さくて、弱々しくて、
泣いている真赤な芽が顔をだしていた...

Wow! みっともなく転びそうになって 小さな芽を見たよ...
俺が立ち去ろうとしていた世界で
たった独りで命を求め 力強く泣いている小さな芽をさ!

何が起こっているんだ? 何がうまくいかなくなっているんだ?
お前はベストを尽くしているのかい?
本当にこれがお前の求めているものなのか?
その小さな赤い芽は俺にたずねてくるんだ!

何が起こっているんだ? 何がおかしいんだ?
もっと近くに来いよ! もっと近くに!
俺の本当の心の中にいる凍りついた夢が
今 命を求めて叫びはじめた!

何が起こっているんだ? 何がうまくいかなくなっているんだ?
一粒の涙が地面に滑り落ちていく...
そして...祈りと誓いが 俺の本当の心に芽生えはじめる...

何が起こっているんだ? 何がうまくいかなくなっているんだ?
一粒の涙が地面に滑り落ちていく...
その涙は小さな赤い芽と凍りついた夢...
そして みっともなく転びそうな男に命を吹き込むんだ!