1. 休みの朝歌詞

「休みの朝」の歌詞 KEN-U

2005/7/12 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
やすみのあさ あめめた しずかにまだ よるくるまった
てたゆめは まだ途中とちゅうのまま 暗闇くらやみなか 昨日きのう今日きょうになった
真新まあたらしいあさ ひとめにした きざはり俺等おれらあせらした
まえみちまりはじめた いそげばまわだれかを無視むししてた

このまま そのまま ぎる時間じかんゆるすなら
こう不幸ふこうかは ながれるあめてるから
どうか おれのまま でさえ られない くらいなら
なおさらこのおとったものもほぐすから

ひとりのなか ゆっくりもどれば 時間じかんをただひたすらおよいでた
何処どこにいるのか やっとわかった だれらない 薄明うすあかりの部屋へや
ぶつかりうのは ビルとくるま あたたかいものには かねいてた
今日きょう昨日きのうか もわからぬまま 出会であいとわかれまた無駄むだにしては

このまま そのまま ぎる時間じかんゆるすなら
こう不幸ふこうかは ながれるあめてるから
どうか おれのまま でさえ られない くらいなら
なおさらこのおとったものもほぐすから

明日あしたをずっとながめてる がするほど
めぐめぐる のはこのまどそと
なにがいいかわるいか なんてこと
それぞれの なかのもの
いそがしくして また誤魔化ごまかして
あめのせいにして もうずぶ
いまからだあたためて
そっと 自分じぶんこえいてやれ

このまま そのまま ぎる時間じかんゆるすなら
こう不幸ふこうかは ながれるあめてるから
どうか おれのまま でさえ られない くらいなら
なおさらこのおとったものもほぐすから