1. 夏のそのせい歌詞

「夏のそのせい」の歌詞 KEN-U

2007/7/4 リリース
作詞
K.Komiya
作曲
M.Kamishiro,K.Komiya
文字サイズ
よみがな
hidden
すでにひびくこのフロウにまかせろ このまちきみながれてくメロウ
器用きようからだくねらせ世渡よわたれよ 航海荒波こうかいあらなみなかさいつも
やっとたどりくダンスホールも いつかながくあんなよる
出会であいのようにしてくるわかれも おとててこの季節きせつをゆこう

なつのそのせいには したくないよきみ
ほのおのようにれてた おどるその姿すがた
いまもその目線めせん胸焦むねこがすよ今夜こんや
二人ふたりはいつもこれから このままからませた

ひとごみけて見失みうしなわないで ぐちからうえかいBARバー
くらがりはその手離てはなさないで 昼間ひるま余熱よねつじゃ生温なまあたたかくて
がつけばそれはまらなくて がつけばはだはだれて
体伝からだつたあせになるまで やみうだけ

なつのそのせいには したくないよきみ
ほのおのようにれてた おどるその姿すがた
いまもその目線めせん胸焦むねこがすよ今夜こんや
二人ふたりはいつもこれから このままからませた

まるでさそ仕草しぐさなんかいかにも そう今夜奢こんやおごらせてくれよってなるよ
その魅力みりょくおとことりこ あつかおりを かんじたら がるよ どこまでゆこう
ゆだねたら もしも

なつのそのせいには したくないよきみ
ほのおのようにれてた おどるその姿すがた
いまもその目線めせん胸焦むねこがすよ今夜こんや
二人ふたりはいつもこれから このままからませた

びるような音誘おとさそ水辺みずべで いつだって最後さいごまでって明日あす
おぼれそうなその体満からだみたして つぎからつぎけたボトルにいて
ずっとただこうしていたくて ずっとこんな季節きせつって
いつもよりあつくて心裸こころはだかまれないのは何故なぜ

なつのそのせいには したくないよきみ
ほのおのようにれてたおどるその姿すがた
いまもその目線めせん胸焦むねこがすよ今夜こんや
二人ふたりはいつもこれから このままからませたのはゆびから

そのさきおもせないほどまえで でもはじめて そんなもして
さがしてたんだなんて 明日あしたまでに わすれてみて

なつのそのせいには したくないよきみ
ほのおのようにれてた おどるその姿すがた
いまもその目線めせん胸焦むねこがすよ今夜こんや
二人ふたりはいつもこれから このままからませた

すでにひびくこのフロウにまかせろ このまちきみながれてくメロウ
器用きようからだくねらせ世渡よわたれよ 航海荒波こうかいあらなみなかさいつも
やっとたどりくダンスホールも いつかながくあんなよる
出会であいのようにしてくるわかれも おとててこの季節きせつをゆこう

なつのそのせいには したくないよきみ