「遠い国から」の歌詞 KEN-U

2007/8/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
もうなみだをふいて あるすあなたのぶん
そうおもえることだけで えられる つよくなれる

色褪いろあせないおもはまるで 昨日きのうのことのよう
いまよりもそれはリアルな まるで未来みらい予想よそうのよう
言葉ことばではつたわらないおれに あのひと
をもってそれを気付きづかせようとしてくれた
あれからいくつのうみえた だれ出会であった
なが旅路たびじつまづくたび きてるおれなか

もうなみだをふいて あるすあなたのぶん
そうおもえることだけで えられる つよくなれる

かんがえていたんだ一人ひとり ちゃちいおもかぜにさらし
なにもかもゆるせるそのに あののことすべかて
うばわれたのは時間じかんそれとも 笑顔えがおなのという
にくしみが未来みらいをくれるの なら未来みらい過去かこにあるの
あなたをわすれずにいたいから いまでもこのむねにあるちから
ときにはやっぱり名前なまえびたくなるから そのこえとおくにから

もうなみだをふいて あるすあなたのぶん
そうおもえることだけで えられる つよくなれる

迷路めいろのような日々ひび二度にどもどらないため
いつも見守みまもっていてくれるように あのひとまもりたい
ときならうあの恐怖きょうふうしなむなしさも
勿論もちろんうつるくらいのあのやさしさも大切たいせつにしまおう
ひたむきなその姿追すがたおいかけた わずにおしえてくれたその背中せなか
ときにはやっぱり名前なまえびたくなるから このこえをきっととどくよう

もうなみだをふいて あるすあなたのぶん
そうおもえることだけで えられる つよくなれる