1. はじまりの扉歌詞

「はじまりの扉」の歌詞 KEYTALK

2014/5/21 リリース
作詞
首藤義勝
作曲
小野武正
文字サイズ
よみがな
hidden
いそがしい日常にちじょう やりきれない事象じしょう
いまぼくには 都会とかいひび雑踏ざっとうさえ
あたたかいおとこえてしまうくらい
ゆめなかでさえりないものもとめてる

あふすエネルギーがからだこころつなぐときってる

あつあつおもいは 身体中からだじゅうくすぶっている
きみ出会であうまでは なにもかもらなかったぼく
とびらけたとき 背中せなかしてくれたね
よるけるまえ時間切じかんぎれがてしまうまえ

つまらない不安ふあん空回からまわりしてる
いまぼくには 地下ちかひび雑音ざつおんさえ
やさしいうたこえてしまうくらい
ゆめのあとでさえりないものもとめてる

あつあつおもいを かくしてるぼくがいるよ
よるけるまえに このこころはなたれるかな

きみこころあつなみせるように
どっちがいいだとか そんなことはくだらない
かぜかない草原そうげんまえぶれなくなびくように
精一杯願せいいっぱいねがめて はやつからないように
けて

あつあつおもいは 身体中からだじゅうくすぶっている
きみ出会であうまでは なにもかもらなかったぼく
とびらけたとき 背中せなかしてくれたね
よるがあけるまえ時間切じかんぎれがてしまうまえ