「見上げた空に」の歌詞 KEYTALK

2013/3/6 リリース
作詞
首藤義勝
作曲
首藤義勝
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとつだけ うたとどかせて
きみがまだ らないはなし
さけんで こえてて
のこるのは 湿しめった気温きおん

おもいがあること 言葉ことばがあること
すくいのはいつも 邪魔じゃまをして
きみほしきてる ちいさな出来事できごと
えないふりだけど りたくないよ

見上みあげたそらばしたよ
ぼくにはまだ れないものなのかな
えきったよるきみさがすけど
えないまま あさるよ

あつ午後ごご いまぼくってる
このほしうら引力いんりょく
かがみうつっているぼくよわさで
んでしまう

おもいがあること 言葉ことばがあること
手品てじなのように ごまかして
きみわらってる どこかでわらってる
それだけでいいなんておもえないから

見上みあげたそらばしたよ
つたなすぎて おもいはとどかないかな
えきったよるきみないけど
あたたかい さがすよ

見上みあげたそらばしたよ
ぼくらいつも まよってばかり

けそうだよ こわれそうだよ
かすんだこえ夜空よぞらえてくけど
きみってた 真夏まなつ景色けしき
えがいては わすれていくよ

時間じかんぎるけど 綺麗きれいぼくらのままで