「FLAVOR FLAVOR」の歌詞 KEYTALK

2015/3/4 リリース
作詞
首藤義勝
作曲
首藤義勝
文字サイズ
よみがな
hidden
まぶしい ひだまりのしたでただわらってる
きみにずっとあこがれてた
もどれない時間ときほどつよかがやくのはなぜ
でもいまは ああ 綺麗きれいに またね

とどきそうでとどかない言葉ことば
つよがってかくしたなみだ
それもこれもなにもかもぼくのせいだね
もう一回いっかいあのときあの場所ばしょ
視線しせんってきみわらって
なにこるなんて呑気のんきなこと
おもったころもどって
きみきだった 映画えいがうた場所ばしょ
全部ぜんぶ そう全部覚ぜんぶおぼえて
きみ理想りそうになれたなら

これから 肩寄かたよせてあるいたかえみち
どうやってかえればいいの
とどかない きみ声探こえさがすたび まよってる
でもいまは ああ

せるビターとスイートに
つかまれるむねおく
まだらないで目覚めざまし時計とけい
わらないゆめをずっとぼくせて

あっという季節きせつわって
いていかれた気分きぶんになるから
ぼくのそばに そばにいてよ

いつだって ほろにがくって
だけどあまかった 笑顔えがおとれて
全部幻ぜんぶまぼろしだったって 気付きづかなかったって
われないね いまさら

ああ ねむりのうみもぐって まためて
ああ まよむたびに
いすがって つかもうとして けてゆく

まぶしい ひだまりのしたでただわらってる
きみにずっとあこがれてた
もどれない時間ときほどつよかがやくのはなぜ
でもいまは ああ 綺麗きれいに またね
かえみちで そうおもしたんだ
わすれないでいて あののフレイバー