「ユーロ危機」の歌詞 KOJIMA

2012/11/7 リリース
作詞
KOJIMA
作曲
功三郎,KOJIMA
文字サイズ
よみがな
hidden
みぎひだりへバランスボールのうえ 乱高下らんこうかする世界情勢せかいじょうせい
どこか不透明ふとうめいうらありそうで ポジショントーク よくちるフォーク
仕掛しかけの火種ひだね地下ちかから送信そうしん 監視緩かんしゆるんだ早朝そうちょうにドーピング
激震拡げきしんひろがるころにはつぎ一手いって かきまわすきねらって
弱者じゃくしゃ必死ひっし 強者きょうしゃ必死ひっし せめぎいほつれ 今日きょう不一致ふいっち
対岸たいがん火事かじかんがえてたら 体感たいかんしたとき 対策たいさくとれず
助言求じょげんもとめたさき狂犬きょうけんとは 意外いがいによくあるわな カウンセラー
じっくりかんがえる時間じかんもないまま 決断けつだん突然とつぜんせまられるから

みんなくからあいつもった わけもなくいった 透明人間とうめいにんげん
ゆめからめたとき現実げんじつ何歩なんほ いつくためにまたみみがダンボ

きかけのデッサン ポイっとてて散歩さんぽ
かえってきて またくデッサン またポイ
完成かんせいずに 関係かんけいった あわれにかえすぶん症候群しょうこうぐん
まることない時代じだい 地球経済ちきゅうけいざい つかまえたがしたどっかの世代せだい
ふくらんだ風船ふうせんはパーン いつでもってくから生命せいめいはダンス

きかけのデッサン ポイっとてて散歩さんぽ
かえってきて またくデッサン またポイ
完成かんせいずに 関係かんけいった あわれにかえすぶん症候群しょうこうぐん
まることない時代じだい 地球経済ちきゅうけいざい つかまえたがしたどっかの世代せだい
ふくらんだ風船ふうせんはパーン いつでもってくから生命せいめいはダンス

だれもいない砂漠さばくえて オアシスが出来できたら徐々じょじょひとえて
便利べんりまちへと発展はってん 娯楽ごらくもあって 苦楽くらくとも
そこにあらわれ略奪者達りゃくだつしゃたち あまさそいとくろうわさきよこころじゃえて
ある日境ひさかい多数たすう反転はんてん
らいだ安全あんぜん 気付きづくのに何年なんねん じわりと扇動せんどう 王国完成おうこくかんせい
システムつく錬金術れんきんじゅつ勢力せいりょくあげて 貧民作ひんみんつく
ぽつりぽつりとひとってく げられないたみをおいてってく
そして略奪者達りゃくだつしゃたちつぎへとかう 王国おうこく砂漠さばくかえ

きかけのデッサン ポイっとてて散歩さんぽ
かえってきて またくデッサン またポイ
完成かんせいずに 関係かんけいった あわれにかえすぶん症候群しょうこうぐん
まることない時代じだい 地球経済ちきゅうけいざい つかまえたがしたどっかの世代せだい
ふくらんだ風船ふうせんはパーン いつでもってくから生命せいめいはダンス