「命の光」の歌詞 KOKIA

2007/5/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
つたえたいことがある このうたとおして
プライドはわたしらしさ最後さいごのこったこた
うたにしてのこしたい おもいがここに
真実しんじつうたなか 唯一守ゆいいつまもられてる場所ばしょ
たかが音楽おんがく必死ひっしあいつづけるわたし
なにかできるとしたなら 全身全霊ぜんしんぜんれいうたうこと
すべての人々ひとびと一生懸命いっしょうけんめいきる
姿すがたそのものがあいちているから心打こころうたれる
単純たんじゅんなことほどむずかしいとき
あるけど私決わたしきめたの 自分じぶんにもううそしと
かぎられたときなかあせときもあるけど
自分じぶんらしいひかりはなつためならいつだってせる
しあわせとぶもの いつわりなくきること
ひとにとってはささやかなことでも いまわたしにはいのちひかり
一生懸命いっしょうけんめい姿すがた それこそがすべてをかた
たとえどんなにながけわしい たびになるとっていても
いどむことがどれほどうつくしい光放ひかりはなってゆくだろう
我武者がむしゃらでもいい一生懸命いっしょうけんめい いつわりなくきることが
ひとにとってはささやかなことでも いまわたしにはいのちひかり
自分じぶんあしあらたなみち