1. Second Flight歌詞

「Second Flight」の歌詞 KOTOKO&佐藤ひろ美

2003/7/24 リリース
作詞
KOTOKO
作曲
高瀬一矢
文字サイズ
よみがな
hidden
きっとめぐわせた 天使てんしの ほんの気紛きまぐれだよ
まがかどったみたいに ふっとはじまってた
どうにもなんない気持きも大切たいせつすぎるから もてあます
散歩道さんぽみちいたすなかぜ こころが はやってく
せつなさ はぐらかすのには れてるのに
こんなときだけなみだめられないのは なぜだろう?

曖昧あいまい季節きせつだからこそ かすかな手触てざわこころかんじて
かぎられたとききるから たたんだつばさいますぐひろげて
たとえにじこわれても そらっている

きっとからなかでは すべてだとおもっていたことも
ひとがいれば無限むげんながえるカケラ こんなんじゃ
すぐに過去かこくずになってしまうとあせるけど
やさしさによわさがし ふいにあしまる
なみだを もてあそべるほど 余裕よゆうがない
今度こんどだけは こころをごまかすようなうそ つけない!

ときもどらない だからこそ ちいさないき こころかんじて
かがやけるすなゆめをみて たたんだつばさ南風みなみかぜけて
ながたびはじまりを くもかたりだす

曖昧あいまい季節きせつだからこそ たしかな感動かんどう こころきざんで
われる明日あすが あればこそ たたんだつばさそらわすれない
たとえにじこわれても そらっている
それがちいさなはねでも かぜきしめて