「β-粘土の惑星」の歌詞 KOTOKO

2005/6/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
本当ほんとうだった…
えらひとった最期さいごなんて関係かんけいないことおもってた
ときんだクダラナイ雑誌ざっしに いつのにか夢中むちゅうになっていた

だれもがいてかれないようにといそあしだけど
ゆずれない愛情あいじょうさえ使つかてじゃさみびしすぎるよね

いてよ ほら精一杯せいいっぱい ねえ
地球ここきてゆくよろこびを
きっととがってまたっこって
肩寄かたよってゆく

きみがくれたちっぽけなブルーは
いつのにか大空おおぞらになっていた 嗚呼ああ

わりさがせるなら こんなにいたりはしない
かたちあるものすべて いつかこわれるとかってても

めて 精一杯せいいっぱい
ああ地球ここわかれゆくかなしみを
僕等ぼくら 簡単かんたんてきれない
者同士ものどうしだね

こたさがしている ―どうしてここにいるんだろう?―
後悔こうかいはないなんて かたいきするたびくるしくて

どこまでも精一杯せいいっぱい
地球ここたびをする冒険者ぼうけんしゃ
いつもがんばって ただ彷徨さまよって
なにさがしてる?
いてよ ほら精一杯せいいっぱい ねえ
地球ここきてゆくよろこびを
きっとこうやってあるくしか
出来できない同士どうしだね