「サ・ヨ・ナ・・・ラ」の歌詞 KOTOKO

2011/10/5 リリース
作詞
KOTOKO
作曲
井内舞子
文字サイズ
よみがな
hidden
かたならべた二人ふたり脳裏のうり
よっ文字もじ かんでた
アァ

出会であいはゆき結晶けっしょうそっとはら歩道ほどう
こごえるほお一瞬いっしゅん 点火てんかされたがした

そのままむかえたChristmas Eve
まちはまるでケーキのくにみたいでけた
"今日きょうのためにまれた"
身体中からだじゅうでそうげた

けてゆくゆきあまかおりと ぬくもりにただゆめ
永遠えいえんにもたベルの音色ねいろに "魔法まほうではない"としんじた
「どうしたの?いているのかい?」
そううごいてほおでたくちびる
いま

さくらはるうらら コートいだ
つないだあせすこれた夏空なつぞら

夜風よかぜさびしくなるよ
とおくなって夏草なつくさ花火はなびにおいも
めてゆくアスファルト
季節きせつまらない

のようにかわいてゆくのも ながれるときのせいにして
あいしすぎた肩越かたごしの景色けしきも セピアいろ支配しはいされた
どうすれば そのいろ
ずっと二人ふたり わらずにられるの…だろう?

もうすぐまちそらてついて 淡雪あわゆきいろされてく
かたならべた二人ふたり脳裏のうりに"サヨナラ"だけがもる
結晶けっしょうちてはえる
そのこうでやさしかったくちびる
いま ―サ ヨ ナ ラ―
アァ