「縁どりの世界」の歌詞 KOTOKO

2006/12/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
どうでもいいことばかりをかんがえてたら
どうでもいいことばかりになった
あぁ 何故なぜにここにまれてたんだろう?
大切たいせつひとつけたから
大切たいせつなモノばかりになった
もうなに手放てばなしたくはない

きっとわがままでもれたこえさけつづけたい
あなたのかさになりつよあめ陽射ひざしにえてらしたい

さかさまの世界せかい ったりたりをかえして
つけたはずのひかりとす
永遠えいえんなんて言葉ことばわなくていい
ずっとあこがれてたいだけ いま

出逢であいはいつでも突然とつぜんすぎて
よそおおうことわすれちゃうよ
あぁ 何故なぜきみわらっていられるの?
わすれてゆくもの わすれないもの
いつしかきみえなくなった
もういいや… わりもいらないよ

ってしまうことこわあさそむけられない
じない目蓋まぶたからちたなみだ
きみがすくってくれたから

ふちどりの世界せかい これが真実しんじつだといのって
たしかないたみをさがしてる
ひとさしゆびえてく言葉ことば残像ざんぞう
ずっとおぼえていたいだけ

かされるように記憶きおくをひとつやぶった
あたえられるあたらしいあさだけをしんじて…

ふちどりの世界せかい ここはゆめなかわれて
手足てあし自由じゆううみおよ
呼吸こきゅう上手うま出来できずにかぶ現実げんじつ
かなしいね ゆめていたいだけなのに

さかさまの世界せかい ったりたりをかえして
つけたはずのひかりとす
永遠えいえんなんて言葉ことばわなくていい
そっとさわれていてしいだけ いまだけ

れてたいよ― ずっと…