「蒼-iconoclast」の歌詞 KOTOKO

2009/6/24 リリース
作詞
KOTOKO
作曲
佐々倉有吾
文字サイズ
よみがな
hidden
らされたあおときかね真実しんじつとびらひら

とおかげ正夢まさゆめか?悪夢あくむか?
そらなげきのささや

しんじた みちをなぞる ぼくらに
まよって こたえは・・・?)
白銀ぎんあめ りそそぐ

高速こうそくでなだれ記憶きおくすな 素手すではらって
まぬ胸騒むなさわすす勇気ゆうきえるよ
かえかなしみといたみの切先立きっさきたてて
からこぼれた未来みらい
はかな希望きぼう てん

しずかすぎたそのこえふるえて
硝子がらすもり慟哭どうこくちた

まよって そらあおひとみ
しんじた 使命しめいたせと・・・)
黄金きんさる

あの時空じくう狭間はざまへとすす背中せなか めはしないで
伝説でんせつはしつくられたくろ偶像ぐうぞう
おそれなどてて はだかのままつめいたい
えられぬ その真実しんじつ
運命さだめときはやってくる

ぼやけてけたモノばかりんでいまにもくずれそうさ
だれぬふりする現実げんじつ

あれはたしいきをした瞬間しゅんかん 光満ひかりみちていた・・・・・・

あお空取そらともどすー ちかいはいま ひとみあふれた
無力むりょくだとなげくより 微動びどうする明日あすたい
かたゆめさえも“真実しんじつ”へといざな夜明よあ
それぞれのみち辿たどって とき彼方かなた またおう

あの時空じくう狭間はざまへと・・・
わすれてはならぬもの まもるよ・・・
青銅せいどうにそびえるとびら
ひらくのはきずってかたくなったこのひら
そのちから・・・・・