1. 覚えてていいよ歌詞

「覚えてていいよ」の歌詞 KOTOKO

2005/6/8 リリース
作詞
KOTOKO
作曲
中沢伴行
文字サイズ
よみがな
hidden
何故なぜかなかなかすすまない
予定表よていひょうだけは完璧かんぺきだった なのに…
今日きょうなにしてたんだろう?
そんな むずがゆいような疑問ぎもん
部屋中へやじゅうめていきさえ出来できない
ドアをければ そうかったのに

ひとりくだらない見栄みえやこだわりにぐるりかれて
かない約束やくそくしたけど

かなしけりゃおもいっきりいたっていいよ
ずかしいほどやんでいいよ
なみだきるくらいに
わすれればいいよ」なんて言葉ことばさえも
かぜがかきしちゃうなら
えぬほしわるまでおぼえてていいよ


そんなにデキるほうじゃない
だけどこれだけはゆずれない!
おどろくほど不器用ぶきように あぁ…さけんだのに

かみはあっけなくそっぽいたまま
わけのわからない敗北感はいぼくかんだけをくれた

くやしけりゃおもいっきりいたっていいよ
みじめにくちびるらすなみだはじめてのあじ
ってれば どうでもいいとおもえない
たかいハードルにったとき
むねってべるはねわれるからね


こころには ときめきに出逢であった
さようならってった
キラキラ もるかがや
どうしてもわすれらんないっておもった
むねつかんでたおもなら
なみだいろかばんめてゆこう

いまおもいきりへこんでいいよ
自然しぜん元気げんきになれるまで 気長きながっているから
無理矢理むりやり笑顔えがおつくらなくっていいよ
たまにはかえっていいよ
がすむまで、ずっとずっと
おぼえてていいよ

そしてわる…青空あおぞらばたける
かなしみのはね