「足あと」の歌詞 KOTOKO

2004/4/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
仲間達なかまたちこえひび校舎こうしゃでは
ときわすたたずかげ ながくなってゆく
宝物たからものだったと いつかづくけど
もどれないね
あのかぜきをかえた

チョークの文字以外もじいがいぼくらはなにつけたの?
まだ大人おとなだなんてえないよね、いまも…

はるかにえたあこがれのぼくらはちかづいていけるかな?
背伸せのびしていたつまさきだけが ゆめへの距離きょりってたんだ

なめらかにかたったきみおく
つよひかり つめられず くもながめてた
星屑ほしくずかずほど おもい めぐるのに
上手うま言葉ことば つからなくて くさをちぎる

わってゆけることも みずのようにめよう
それはかなしいことなんかじゃない きっと…

かなわぬゆめはどこにもないと つよがって呼吸こきゅうはやめた
えた大地だいちれたかかとがちいさな足跡あしあとをつけてた

まぶたうらのこ面影おもかげ いつかもどしにゆくから
よるがあければ またうごきだす日々ひびいまはのみまれても

はるかにえたあこがれのぼくらはちかづいているかな?
くことさえもわすれていまは このみちあるいてゆくんだ
みしめた大地だいち しんじて……