「雪華の神話」の歌詞 KOTOKO

2006/3/23 リリース
作詞
KOTOKO
作曲
高瀬一矢
文字サイズ
よみがな
hidden
しろ地平線ちへいせんらす
じゃれた天使てんしたちがつなぎあう
そらからって銀色宝石ぎんいろほうせき
不確ふたしかな気持きもちをあたたたしかな記憶きおくえてく

去年見きょねんみ景色けしき映画えいがのようにながれる
ゆきいのった ゆめならめないで

陽射ひざしにけたふゆ欠片かけら
いつかかたちをなくすけど
むねむすんだきずな季節きせつめぐってもえない
はなさずかたにぎったつよさは
きっとさむさのせいじゃない
かぜにおいがわってくひかりなかすすもう

なつぎた出逢であいは 涙色なみだいろまち二人ふたりいて
今年ことしもやっててんからりたかぜ
おおきくえがき ためらうかたかたふいにしてく

来年らいねん二人ふたりようときざんだ
日付ひづけの文字もじなにわないけど

むねひかり角度かくどすこしずつわっても
あの日見ひみつけた結晶けっしょう まぶたおくさない
かされながれしみおも いつしかみどりすり
てないくもまぎれて つぎ季節きせつってる

かざした隙間すきま こぼれて天使てんし
二度にどとはないとききつけて

陽射ひざしにけたふゆ欠片かけら
いつかかたちをなくすけど
むねむすんだきずな季節きせつめぐってもえない
おもわずつよにぎったつめたいこの季節きせつおくもの
かぜにおいがわっても まよわず何度なんど出逢であおう