「Geoglyphs」の歌詞 KOTOKO

2009/10/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
日射ひざしのあつさにおもわずじた
蜃気楼しんきろうぎてなつにお
あの 荷物にもつおもさで膝付ひざつかたむ背中せなか
そっとれたから うごきだした

どこまでもつづくレールのように
まじわらぬこともわかってるのに

ってしまったから 最初さいしょ地図ちずにはもうもどれない
まだ空間くうかんこわれるほどにきしめたい
らめく感情かんじょうあらたな脈動みゃくどうかたちえて
なにおそれずにしんじてつながるときはいつかるの?

地底ちていたびしてなみだもれたひとみ
ちいさくかすれるこえ ひかりくれた

ゆるされぬなわってても
きずだらけのゆび それをつかんだ

かんはじめたから 子供こどもかおにはもうもどれない
不器用ぶきようなままに真実しんじつゆめ はなつの
真夏まなつ太陽たいようにこのかれてえるとしても
途切とぎれる瞬間しゅんかんきらめく閃光せんこうきみ二人見ふたりみたい

"うたがってしまうから言葉ことばはいらない"ちいさくいて
背中越せなかご不意ふいにただつよきしめてたたずんだ
ひろがるぐなみち目眩めまいおぼ
あおすぎるそらてない荒野こうやをずっと二人見ふたりみてた