「Meconopsis」の歌詞 KOTOKO

2005/6/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
つめたいすなふか指潜ゆびもぐらせて
とどかぬおもつよつよきむしった
まぶた芥子けしかたざされちる
かわいたかぜ ひかりさえもとおってくから

いつかとどけあった約束やくそく
いま何処どこかできっといきづいていると
どうかこたえて…こたえて…

無限むげんひろがるこころ さびなみだ砂漠さばく
太陽失たいよううしなこおらせるほどやされてく
だれかがとしたぬくもりにほほをこすりつけ
えてはかぶあの日々ひび面影おもかげだけ さがつづける

言言ごといえばふかそこまでも
もれて二度にどもどれなそうで唇噛くちびるかんだ
ねがいは芥子けし羽衣はごろも
かぜにちぎれるおも
それでもまだ光求ひかりもとほそくう彷徨さまようから

どうかわすれないでください
むねひょうかすれたねつのように
つたえて…つたえて…

きびすかえしたこころ とおうれいの砂漠さばく
呼吸こきゅうをやめてすなとなることをのぞまず
たかみを目指めざしたひざちてゆこうとも
でるあのこえ このにしみんだまま わりはしない

嗚呼ああ いつかうつくしさにくような
たったひとつのあいを…
奇跡きせきのようなあいとどけて…とどけて…

無限むげんひろがるこころ さびなみだ砂漠さばく
太陽失たいよううしなこおらせるほどやされてく
様々さまざまれた心模様こころもよう すなえた
ちては芽吹めぶかなしみをはなえて つづけてる