「Re-sublimity」の歌詞 神無月の巫女 OP KOTOKO

2005/6/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
はるかにそっとらめくうれ葛藤かっとう記憶きおくうごかされ
目蓋まぶたにずっとしろ絶叫ぜっきょうこごえた

しずつきまよ
存在そんざいたしかに いまここに
っているのは
なみだなどもうながさない
ただえる瞬間しゅんかん

えない… けない… えない… まぼろしだけ
ときこうがわへとながされて まよになる ゆるせぬねが
こえだけ… ゆびだけ… 近付ちかづ温度おんどだけ…
とどかぬおもいが 千切ちぎられて夜風よかぜめる

そこはきっとまやかしと偶像ぐうぞうだっていてた
それなのにふか雑草ざっそうなか あまふっとゆだねた

のぼ太陽たいようまよ
偶然ぐうぜんひそかに仕組しくまれた
いっそ必然ひつぜん
まえ今晒いまさらされた
不覚ふかくひが感情かんじょう

けない… せない… わからない… 結末けつまつなど
何処どここうとも ただきみだけをまもりたくて さからっている
いまだけ… 過去かこだけ… つぐなう未来みらいだけ
すくえるのならば ててえてもいいと

えない… けない… えない… まぼろしだけ
ときこうがわへとながされて まよになる ゆるせぬねが
こえだけ… ゆびだけ… 近付ちかづ温度おんどだけ…
とどかぬおもいが 千切ちぎられて夜風よかぜめる
ててえてもいいと
きみだけのひかりになると