1. frozen fir tree歌詞

「frozen fir tree」の歌詞 KOTOKO

2013/11/20 リリース
作詞
KOTOKO
作曲
八木沼悟志
文字サイズ
よみがな
hidden
粉雪こなゆきふるえる街路樹がいろじゅまちあかりと二人ふたり さえぎった
「ごめんね…」こえない言葉ことばが そっと しろいきわる

出会であったばかりの二人ふたりには ちいさなベンチもひろすぎた
木枯こがらしさえとおれないくらい ときわすほおよせあった

何故なぜぼくらはすこしずつ あきらめてしまうのだろう?
あんなにも大切たいせつだった ときいだいたあの部屋へや
きみでさえ…

こおりついたみちたたずんだ きみぼく迷子まいごのようだね
夜空よぞらしろ結晶けっしょうたちが さきかくしてしまう
あののようににぎったなら きみいて ぼくわらって
ちたなみだ足元あしもとかすころ ゆきむだろうか?

すマフラーほうかなしいかお りにした
わかってるよ」のただ一言ひとことが きっとぼくしかっただけ

何故なぜぼくらは結局けっきょく がままをかくせないんだろう?
いとしさともどかしさと "しんじたい"おもいのバランス
くずれてく

つよいはずだったきみこころうすこおりのようにひび
粉雪こなゆききすさぶみちたたずみ 「たすけて」とさけんでいたね
あののようにかたきしめて「大丈夫だいじょうぶだよ」とえたなら…
なにえぬときめるように ただしろゆきもる

てつくまち ぼくらはえらんだ
そこになにつけたかった
さむよるしろおおわれるあさきみとならこわくなかった
なにかから自分じぶんまもるように えりててある人並ひとな
たとえばこのなかぼくらがさけべば だれくだろうか?

こおりついたみちたたずんだ きみぼく迷子まいごのようだね
夜空よぞらしろ結晶けっしょうたちが さきかくしてしまう
あののようににぎったなら きみいて ぼくわらって
いち年後ねんごおなじブーツできみあるいているようながして…

いまくすしろなかで…
かじかむきみへとばした…