「キンモクセイ」の歌詞 KUMAMI

2008/2/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きみがもう さむさをかんじぬように このうででつつめば
こころをかすようあつおもいが孤独こどくいや

きみとただ 何気なにげない言葉交ことばかわして ヒコーキぐも
校舎こうしゃのすきまにした オレンジいろちいさな未来みらい

きみ一人ひとりきらいな理由りゆうってるから
ぼく一人ひとり苦手にがて口下手くちべただけど今日きょう
ちるまで 一緒いっしょにいないか?

いつもほら べつようもなく電話でんわをかけてごめんね
時々ときどき不安ふあんみずしがるときはいつまでも

「そばにいて」 かえりたくない気持きもちを 言葉ことば出来でき
あなたのくろいコートのそでをすこつよった

わたしげてばかりで 自分じぶん気持きもちもれない
キンモクセイのかおりが ふゆれてたなら
コートのなかであたためて。

たりまえことが…たりまえじゃなくなったとき
はじめてくんだ あなたとじゃなきゃダメだと

わたしげてばかりで 自分じぶん気持きもちもれない
キンモクセイのかおりが ふゆれてたなら
コートのなかであたためて。

中途半端ちゅうとはんぱ二人ふたりひとつになれたとき
気付きづいた あなたといれてよかった