「くわい談」の歌詞 Kagrra,

2010/8/11 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
薄瞑うすぐらあおめいた やみふち れば
月明つきあかり んだ 黄泉路よみじへと さそ
やなぎ ゆらゆらと かぜおと みれば
むらむらと 灯火ともしびらしませう

こわれた欠片かけらもどらねど ああ
こころかなしく 幾度いくたび幾度いくどれる

微細かすかにかぶは 現世うつしよ未練みれん こえはかなくもえる
仮令たとえ このちても 指折ゆびおかぞえる
おもげるとき

うずたかさえぎられ てたような 此処ここ
何人なんびとらし 記憶きおくから げど
よなよなと 彷徨さまよえる 妄念もうねんかすめば
めらめらと たぎ情念じょうねんえる

こわれた欠片かけらもどらねど ああ
こころかなしく 幾度いくたび幾度いくどける

水面みなもかぶは幽世かくりよ思念しねん こい飛沫しぶきへとわる
仮令たとえ こと葉発はたたねど 指折ゆびおかぞえる あか紅蓮ぐれんさえまと

こわれた欠片かけらもどらねど ああ こころかなしく 幾度いくたび幾度いくどぜる

微細かすかにかぶは 現世うつしよ未練みれん こえはかなくもえる
仮令たとえ この朽ゆびお}り{数くちても {指折かぞえる
おもげるとき