1. 四季歌詞

「四季」の歌詞 Kagrra,

2009/10/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ああ かぜかれさくら何故なぜこのこころわびしさをくのだろう
ひとときおよぐたびに なにかをくしてゆく 水面みなもれる木葉このはのように ながれてながされ
いとしくて いとしくて こころから 言葉ことばみつからぬほどに 貴女あなたへのおもいよ 永遠えいえん四季しきめぐめぐ

ああ かげ宿やどははなるひかり何故なぜこのこころ潸潸さめざめくのだろう
ひとてのひらわせて 明日あすねがいのる けれどわたしりょうゆび貴女あなたもとめて彷徨さまよ
いとしくて いとしくて こころから 言葉ことばみつからぬほどに 貴女あなたへのおもいよ 永遠えいえん四季しきめぐめぐ

春過はるすぎて夏来なつきにけらし あきふゆ芽吹めぶ

いとしくて いとしくて 刹那せつななくて 涙溢なみだあふすほどに 悠久ゆうきゅうちかいとともに四季しきまた
いとしくて いとしくて こころから 言葉ことばみつからぬほどに 貴女あなたおもいよ 永遠えいえん四季しきめぐめぐ