「四月一日」の歌詞 Kagrra,

2008/9/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
りんいたさくらその真下ましたで もう一度いちどあなたに出逢であいたくて

数字すうじ配列はいれつのような人混ひとごなにかをみしめてさきいそいでる

雑沓ざっとうなかわすれてたゆめ希望きぼう いつもそばだれかの笑顔えがお

光浴ひかりあびたかぜをはためかせて あたたかな息吹いぶきほほめて りんいたさくらその真下ました
もう一度いちどあなたに出逢であいたくて

あれから季節きせつ数多あまたぎて あなたはどれくらい大人おとなになれたの?

あれほどのぞんだ自由じゆうれたはずの かがみ自分じぶんらしてる

光浴ひかりあびたかぜをはためかせて あたたかな息吹いぶきほほめて りんいたさくらその真下ました
もう一度いちどあなたに出逢であいたくて

ひとかなしいもの しあわせをさけぶくせに 本当ほんとう大事だいじおもさえも ててなみだする

はるなつしずあきふゆのぼる これからもこれまでも
わらない 何時いつでも幾度いくどわらえるから

光浴ひかりあびたかぜをはためかせて あたたかな息吹いぶきほほめて りんいたさくらその真下ました
もう一度いちどあなたに出逢であいたくて