「夏の林檎」の歌詞 Kalafina

2009/3/4 リリース
作詞
梶浦由記
作曲
梶浦由記
文字サイズ
よみがな
hidden
垣根かきね向日葵ひまわりかくれて
いそいでキスをした
きみのやわらかなほっぺたは
きっととてもあまいだろう

野兎追のうさぎおいかけてくさなか
だれにもえないね
素知そしらぬかおした野原のはら
てたくつ矢印やじるし

なにもないなつでした
ただこいをしただけでした

おど三日月真夏みかづきまなつよる
夢見ゆめみこいれて
檸檬色レモンいろしたほしかぞえて
きみこころにキスをする

ふえきみをさらってく
かぜなか やがてあき

わかすぎるみどり林檎りんご
銀紙ぎんがみあじがする
せつなさがみのえだから
きみってくれました

ねむらないさかな夢見ゆめみ
わらないなつでした
こころ季節きせつ林檎りんご
色付いろづことさえわすれて

さむがりな風見かざみとり
もうすぐあきだよとうた

れる三日月真夏みかづきまなつよる
わすれたこいおも
ゆめのひとひら
ほし鈴音すずおと
きみこころにキスをする

そのなつのあどけない林檎りんご
いつまでもむねにある果実かじつ