「屋根の向こうに」の歌詞 Kalafina

2012/7/18 リリース
作詞
梶浦由記
作曲
梶浦由記
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとりきりたたずんでいたかぜなか
しあわせの名前なまえをそっとびました。

やさしいうそいて
きらきらとわらっていたい、いつも

ありあまるひかりなつそらたしていた
本当ほんとう世界せかいはいつもきみそばにいた

きっとゆめとど
そんなほのかなまぶしさ
ふいにかおげた
屋根やねこうに

かぞ歌減うたへらしてまわ糸車いとぐるま
えてえないものをつむぐから

透明とうめいえきって
未来みらいへの汽笛きてきみみませ

ゆめってすこしだけこうか
こころ
しろいマストに見立みたてて

そっとかげわら
あんなとおくで微笑ほほえ
リラのはならした
かぜささや

ありあまるひかりはいつもきみそばにいた
本当ほんとうはずっとまえからきみっていた

そっと雑踏ざっとう
ふいになみだやさしく
なつしずくになって
屋根やねこうに