1. 星の謡歌詞

「星の謡」の歌詞 Kalafina

2010/3/17 リリース
作詞
Yuki Kajiura
作曲
Yuki Kajiura
文字サイズ
よみがな
hidden
奇麗きれいそらえた
つきよるだった
やみひかりびたようにえた

そのほしはまだしろ
いますぐとどきそうで
ばしたら
ふゆかぜいた

僕等ぼくらくその場所ばしょはきっとあらしになるんだろう
だれもがのぞむもの
しがってすすかぎ

ゆめ大地だいちって
きみひとみって
僕等ぼくらなにうば
なにさがしにくんだろう
いのりはそこにあって
ただきみって
とどろ未来みらい くさうみ
てんべるまで

きみ奇麗きれいこえ
そらなげきをうた
ぼくひかりつぶさえ蹴散けちらして

それでも二人ふたりだけに
えるものがあるなら
そらとすしずくめて

きっと明日あしたはもうすこ
たかとおべるだろう
ゆめあそいま
まぼろしきみ真実しんじつ

あこがれだけがあって
そのこえほう
僕等ぼくらだれ出会であ
なにくしてくんだろう
けるものもくて
ただきみって
ひびけよ未来みらい ほしのうた
そられたい
ゆめうたい

とおそら灯火ともしびひか
きみ合図あいず夜明よあけがはじまる