「追憶」の歌詞 Kalafina

2013/11/6 リリース
作詞
梶浦由記
作曲
梶浦由記
文字サイズ
よみがな
hidden
仄暗ほのぐら
きり中消なかきえて
かげ見送みおく
った奇麗きれい曲線カーブ
いつまでもれてる

うつくしいあさ
だれかをおくためにあるのだろう
むねついばあま宝石ほうせき
また一粒残ひとつぶのこして

追憶ついおく
ざらりとした手触てざわりに
ゆびわせて
きらめいた
真昼まひるほししずかに
よるとそう

たわむれる記憶きくなか
なにとどかない
永遠えいえんとよく
ゆめとりで
「あの」のかぜ
ひたいけて
みがかれた時間じかんわな
追憶ついおくふか
もうなにもいらない

かおこえ
まぶたすべ
えない指先ゆびさき
やさしさだけを
つなわせた貴方あなた
名前なまえたない

びんなかにあるそら
もうすぐ日暮ひぐれて
黄金色きんいろ吐息といき
ただかえ

一番幸いちばんしあわせな
ときさがしたら
欲張よくばりな子供こども
何処どこまでかえるのだろう

もりのほとりにある
にれした
あい仕草しぐさだけを
ただかえ
なつ風過かぜす
ひたいけて
おとそらから
ことばのいうた
もうなにもいらない

うつくしい記憶きおくくに
追憶ついおくうたげはじめよう