「音楽」の歌詞 Kalafina

2009/3/4 リリース
作詞
梶浦由記
作曲
梶浦由記
文字サイズ
よみがな
hidden
それでもだれかをしんじたいきみちいさな溜息ためいき
世界せかい何処どこにもとどかずえた

あめ二人ふたりえてぼくひとみとがらせて
なんにも出来できないこのはなした

ぼくえないものがきみにはえていたの
太陽たいようのぼ場所ばしょまでまだとお

たましいなかにある一条いちじょうひかりしんじて
さけびたい言葉ことばさえいけれどたださけんでいる
それがぼく音楽おんがく

いつわるかなんてからない
きっとわるときもからない
だからもうすこし、せめてもう一歩いっぽ

何処どこきたいかからない
それでもしつこくこえ
あらしえらんでいかりげる

さけちからきて そのくもえるころ
はげしい夜明よあけがうみをもらすだろう

たましいてるまで一条いちじょうひかりしんじて
きながらうたうんだねむれないよるこうに
きっときみ音楽おんがく

明日あしたへの近道ちかみちがどうしてもつけられない
ひとつずつ 一歩いっぽずつ そんなのかっているけれど
太陽たいようのぼ場所ばしょ

それでもしんつづけたいきみちいさな溜息ためいき
ぼくむね不意ふいつらぬいた

きみため闇雲やみくもにただあいしんじて
僕達ぼくたち手探てさぐりでじたばたとまだたび途中とちゅう
たましいてるまで一条いちじょうひかりしんじて
出鱈目でたらめ旋律せんりつあふよるこうに
きっとぼく音楽おんがく