「red moon」の歌詞 Kalafina

2010/3/17 リリース
作詞
Yuki Kajiura
作曲
Yuki Kajiura
文字サイズ
よみがな
hidden
ばしてきみれたとき
たか音符おんぷむねなかにひとつ
そら 二人ふたりつめた
どこまでもつづ世界せかい
んでいた

こいちていたみを
ひとひとになれるのだろう
きみいたよるこう
ひびわたときのシンバル

このそらえが二人ふたり運命カルマ
あいうたかなでるときっとしんじて
あかつきなみだ しずかな音楽おんがく
きてこう
ひかりうように

きみこえんでくれたから
はじめてのねがいがまれたようで
その見果みはてぬそらまで
六月ろくがつあか月影つきかげ
いかけて

まれちたなみだうみ
ひと何度叫なんどさけぶのだろう
ついえたゆめかげなか
ひかりあれと
ひびけアレルヤ

きてく、ただそれだけの運命カルマ
よろこびよりくるしみをぶのはどうして
夢見ゆめみるのはいつもしずかな音楽おんがく
きみねむ彼方かなたとどくように

きみれたとき
はじめてのうたが世界せかいまれた

くだちたなつなか
ひびわたなげきのうた
こいゆめもいつかえて
それでもまだとどかぬこえ

よごれたはならい
きみともきるのだろう
ほろびのゆめ ときこう
こえるでしょう
とおいアレルヤ

このそらにたった一度いちどだけでいい
あいうたひびかせて ほむらのように
あふすよ はげしくしずかな音楽おんがく
あかつきゆめ
最後さいごそら