「あの星の誰かの唄」の歌詞 Keyco

2004/6/30 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ふさぎこんでたきみ
かかえきれないいたみを
ポケットのおくめたら
今日きょう夜空よぞらながめにこう

こんなに こころに やわらかい かぜった。
かすかに えてる あのほしだれかのうたいた。
きみ大丈夫だいじょうぶ… いつもそばにる…
きみ大丈夫だいじょうぶけるどこまでも…」

きみ大丈夫だいじょうぶ… いつもそばにる…
きみ大丈夫だいじょうぶ… 」

れる本当ほんとうきみ
涙見なみだみえないふりした
しずんだらあさまで
まるい夜空よぞらながめていよう

言葉ことばわすれて からっぽになれるといいね。
くしたぶんだけあい意味いみかるがした。
きみ大丈夫だいじょうぶ… いつもそばにる…
きみ大丈夫だいじょうぶけるどこまでも…」

きみ大丈夫だいじょうぶ… いつもそばにる…
きみ大丈夫だいじょうぶ大丈夫だいじょうぶ… 」

つよくなってゆく自分じぶん
きみまえでは無力むりょく
だから今度こんどはこうして
きみぶんまでいのっている

こんなに こころに やわらかい かぜった。
かすかに えてる あのほしだれかのうたいた。
きみ大丈夫だいじょうぶ… いつもそばにる…
きみ大丈夫だいじょうぶけるどこまでも…」

きみ大丈夫だいじょうぶ… いつもそばにる…
きみ大丈夫だいじょうぶ… 」

きみ大丈夫だいじょうぶ… いつもそばにる…
きみ大丈夫だいじょうぶけるどこまでも…」

きみ大丈夫だいじょうぶ… いつもそばにる…
きみ大丈夫だいじょうぶ… 」