「テノヒラ」の歌詞 KinKi Kids

2002/12/26 リリース
作詞
Shinichi Asada
作曲
Hiroo Ooyagi
文字サイズ
よみがな
hidden
あせばむくらいにつよにぎ不揃ふぞろいののひらをかさねるとき
とおりすぎるあのにおいが立昇たちのぼ

しらけた公園こうえんのベンチにすわたよりなくった僕等ぼくらかげ
なみだもろくつよがりなきみまもるのがやっとだった

よどんだみずれる波紋はもんのように
とおくどこまでもけたなら
そのうち僕等ぼくらきっとこわれてしまいそうで
こえにならぬおもいにも気付きづいてる

眩暈めまいにすらいとしさの狭間はざま
身体からだにタマシイに せつなさがせる
おな空気くうきかんじることや
ぎこちないオヤスミや かさなるのひらが
こころみわたるように 二人ふたりのこりますように

見慣みなれた景色けしきちがってうつきよらかなはるかぜ なつ大空おおぞら
あき夕暮ゆうぐびてゆくかげふゆ足音あしおといた

てつくみちいたはなのように
そっとそよかぜがれて
街中まちじゅうだれもがきっときしんだむねかか
無口むくちなままくのをこらえてる

やみ彷徨さまよ戸惑とまど世界せかい
矛盾むじゅんあめかなしみをれてくる
よるわりに やさしさちよれば
つたわるぬくもりで 明日あしたたたかえる
陽射ひざしがあふれてくように やさしくつつまれるように

眩暈めまいにすらいとしさの狭間はざま
身体からだにタマシイに せつなさがせる
おな空気くうきかんじることや
ぎこちないオヤスミや かさなるのひらが
こころみわたるように 二人ふたりのこりますように