「太陽の扉」の歌詞 KinKi Kids

2014/12/10 リリース
作詞
浅田信一
作曲
谷本新
文字サイズ
よみがな
hidden
とまらないおもいをあましたままで
すことすらむずかしくて
気持きもちが先走さきばしった身体からだ
夜風よかぜにそっとあずけた

なつくもふゆ木枯こがらしも
未知みち場所ばしょぼくらをれてく
加速度かそくどとおぎる日々ひび
しんじるものをくさないように

このみちぼくらそれぞれに
荷物にもつかかすすんでゆく
太陽たいようとびら をかけある姿すがた
旅人たびびとたちのようだね

あのころぼくらがゆめたものの
つづきをいまきみはなせるよ
夜通よどおかたった言葉ことば
わらずこころれてるよ

つきかりぞらつらぬいて
へだたりなく世界中せかいじゅうつつ
ぼくらのにやがて未来みらい
いきづくものをつよらして

ぬくもりをさがもとめて
すすみちつづいてゆく
アスファルト あしあるくことを
ためらわないでいたいから

このみちぼくらそれぞれに
荷物にもつかかすすんでゆく
太陽たいようとびら をかけある姿すがた
旅人たびびとたちのようだね