「ひとつぶの涙」の歌詞 Kiroro

2002/12/4 リリース
作詞
玉城千春
作曲
玉城千春
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとつぶのなみだなにつたえようとしてこぼれちたの
言葉ことばじゃなくたってハートでかんじられるとしんじていたのに

ながめのいい あの窓辺まどべ
なにわなくても あなたがきなこと
全部知ぜんぶしってたつもりでいたんだ

昼間ひるまほしつけたよ あなたをつけた
おなじくらいうれしかったんだ いままでよりも特別とくべつなのに

さよならを上手じょうずえないわたし明日あしたべないとり
すこしでも勇気ゆうきことできたら…ほんのすこしだけでも

あなたのかげにおいは おも一緒いっしょ日毎ひごと うすれてく
かれた うでのいたみはえないけど

ボケた あなたのいて 水色みずいろそら 見上みあげた
ふたつならんだほし ゆびさした あのころもどれないかな

ひとつぶのなみだなにつたえようとしてこぼれちたの
言葉ことばじゃなくたってハートでかんじられるとしんじていたのに
さよならを上手じょうずえないわたし明日あしたべないとり
すこしでも勇気ゆうきことできたら…ほんのすこしだけでも