「大馬鹿者」の歌詞 Kouichi(カメレオ)

2015/1/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
台風たいふう季節きせつ苦手にがて こころをかきみだされる
10がつ上旬じょうじゅん一番いちばん苦手にがて かなしくなるから
きみのこしていった最後さいご手紙てがみ 一度いちどんだきり
2人ふたりのアルバムの最後さいごのページにしまっているよ

セミダブルベットのシーツはいまあらっていない
きみのこさがしてているよ

「サヨナラ またね ありがとう」 “あの”がよみがえ言葉ことば
わすれられなくて わすれたくない きみいまきている

1人ひとりらしのころの「過去かこ自由じゆうたなげて
自分勝手じぶんかってぶんきみ傷付きずつけていたな

ぼくからだにかけて毎晩まいばんつくってくれた
苦手にがてだったトマトサラダ いまでは…

「サヨナラ またね ありがとう」 ずっと一緒いっしょたかったよ
ゆめなかでも きみゆめたくてねむる 「いたいよ…」

心電図しんでんずおとよわくなってから きみ最後さいごのこした“言葉ことば

「さよなら またね ありがとう」

10がつ今年ことし台風たいふう
なみだあふれてまらない
もっときみこと 大切たいせつにすればよかった

ふたつのだけで“ていて”
こころなかてくれた たりまえだった「きみ大切たいせつさ」を“ていなかった”
ぼくおお馬鹿者ばかもの