「the Fourth Avenue Cafe」の歌詞 るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- ED L'Arc~en~Ciel

1996/12/12 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
季節きせつおだやかに
おわりをげたね
いろどられた記憶きおくせて
さよなら
あいをくれた あのひと
このひとみらめいていた

途切とぎれない気持きもちなんて
はじめからしんじてなかった
うつりゆく街並まちなみ
のこされたまま
う あの人々ひとびといま
とおくにかんじられて
ざわめきさえうすれては
いきえてしまう
空席くうせきつめられた
退屈たいくつ休日きゅうじつには
わることなく あなたが
ながつづけている
かっていても
気付きづかないりして
おぼれていたよ いつでも
だれかのことおもってる
横顔よこがおでも素敵すてきだったから
季節きせつおだやかに
おわりをげたね
いろどられた記憶きおくせて
さよなら
あいをくれた あのひと
このひとみらめいていた
あと…どれくらいだろう?
そばに…てくれるのは
そう…おもいながら
とききざんでいたよ

せてはかえしてく…
Ah なみのように
このこころは さらわれて
今日きょうまち
あいわらずおもめぐらせ
それぞれにえがいてゆく…
さよなら
あいをくれた あのひと
とおそら恋焦こいこがれて
このひとみ
らめいていた
うつりゆく街並まちなみ
いきはこぼれた