「さよならは冬の星座」の歌詞 L3C

1990/3/25 リリース
作詞
松井五郎
作曲
千沢仁
文字サイズ
よみがな
hidden
ワイングラスのなか ゆき
くちびるだけあつい きみにふれた
とてもとおくのあの東京とうきょうタワーが
星座せいざのように かがやいてえたよる
リボンかけた吐息といき ほどくゆび
むねおとがふたつ かさなりあう
ゆめしずかに まるでDressのように
きみの素肌すはだつつみこんだ
I Love You こえるかい
ぼくはここにいる
いまも きみのために
あいがここにある

さみしかったことが えなくて
ふゆにきた手紙てがみいていた
どんなことばが まだまにあうのだろう
そらのグラスは おもだけ
I Love You こえるかい
なにわらない
いつも いつもきみのために
あいはここにある
I Love You こえるかい
ぼくはここにいる
いまも きみのために
あいがここにある

I Love You こえるかい
ぼくはここにいる
いまも きみのために
あいがここにある