1. 真冬の蝉歌詞

「真冬の蝉」の歌詞 LAST ALLIANCE

2007/11/28 リリース
作詞
MATSUMURA
作曲
MATSUMURA
文字サイズ
よみがな
hidden
くろずんださくらはなびらに めた一枚いちまい写真しゃしん
都会とかいうみまれてとされた にごみとくろうそ
用済ようずみのたちと 温室おんしつつめたいいき
そうしておとずれた必然ひつぜんぼくこころのこった

路上ろじょうらばった だれにでもこりえるわな
無機質むきしつなガラス破片はへん 表情変ひょうじょうかえず

今日きょう隣町となりまちのどこかで ぐちあらたにまれ
つばさのない小鳥ことりれつ絶望ぜつぼう屋上おくじょうへとつづ

新緑しんりょくのつぼみははるたわむれてたからかにわら
向日葵ひまわりれるおかには 何食なにくわぬかお加害者かがいしゃ

自責じせき海底うみぞこ もがくあなたにつみはないのに
時経ときた幾度いくど四季しきえてもまない

今日きょう隣町となりまちのどこかで ぐちあらたにまれ
またひとえるせみこえ なげきの蝉時雨せみしぐれ

人知ひとしれず覚悟かくごして 桜見さくらみずあのえた
ぼそ悲鳴ひめい黙殺もくさつされてえた

真冬まふゆ蝉時雨せみしぐれ 屋上おくじょう足跡濡あしあとぬらす
悲劇ひげきしてなくならない
それはえられない摂理せつり

今日きょう隣町となりまちのどこかで ぐちあらたにまれ
またひとうしなったいのちなげきの蝉時雨せみしぐれ