「砂漠と幻想」の歌詞 LAST ALLIANCE

2008/6/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ハバナのルーレットでころがしたビックトゥモロー
クリスタルの食卓しょくたくでポーカーフェイスのJOKERをばらいてやった
ミスターオレンジをあばいてやった
くるった果実かじつ湿しめった空気くうきいつわりのストーリーを

いたのさ。

冒涜ぼうとくおそれない背徳はいとくのアンサンブルかなでて
亡骸なきがらになるまで
バランスのとれた曲芸きょくげい

世界せかいれ、人並ひとなみをて、2ふたつのうしなった。

二手ふたて獣道けものみち砂漠さばく幻想げんそうだけ
そこに芽生めばえた意思いし産声うぶごえげて

見返みかえしてやった。

ピンクフラミンゴは見返みかえしてやった
歴史れきしつくえ、記憶きおくえ、いのちえに

しろいぬりくろつぶしてゆけるのならば
あいってまれてきたひとかなしいジレンマ
されるあやまちとえぬいたみと
まもりたいものへの執着しゅうちゃく
それすらも幻想げんそうなのか

もしてしない砂漠さばく一人ひとりおもしず夕日ゆうひ見送みおくるのなら
弾込たまこめたそのじゅうで、りつめたこのくるしみをたおして

きよらかにたましいをゼロにしておくれ。

げたそらいろきみなかにある、せつないコントラスト
それはいつかの選択せんたくた、曖昧あいまいあわいろ幻想げんそうだったのかもしれない